これからの介護のニーズについて。

要介護者に必要不可欠なケアマネージャーとは

要介護者に必要不可欠なケアマネージャーとは

公的資格でありながら難易度が高いケアマネージャーは、介護福祉専門員とも呼ばれます。
介護を必要とする方と医療福祉サービスとを結ぶ架け橋となっていく重要な役割があります。
介護認定を受けている方のケアプランを作成し、適切なサービスが受けられるように支援をする仕事で、本人やご家族からの相談に応じたり、サービス機関との連絡や調整を行っています。
ケアマネージャーになるには、実務経験が5年以上必要で、筆記試験に合格したら実務研修を受けて修了すれば、資格を取得することが出来ます。
働く現場としては、老人ホームや老人保健施設、訪問介護や地域包括支援センターなどがあり、専門的な知識を生かして本人とご家族をサポートしていきます。
ケアプランを作成するということは、本人の身体状況やどこまで出来るかをきちんと理解しておく必要があります。
スキルアップとして、認定ケアマネージャーというのもあり、ケアマネージャーの資質を高める為に注目されています。

介護のケアプラン作成は無料

介護のサービス給付を受けるには、まずその介護される度合いを認定をうけて、その認定によって給付サービスを受けます。
その給付サービスを今後どのように受けるのかを計画していくのがケアプランです。
このケアプランは、計画策定にあたってはケアマネジャーが行いますが、ここでよく勘違いされるのが自己負担の必要性です。
普通介護給付サービスを受けるときは、原則1割の自己負担ですが、このケアプラン作成には負担なく無料で作成するので、認定をうけたのちにはかならずこの計画を立てます。
そしてこのプランにもとづいて介護サービスを受けます。
このあたりのプロセスを不知のために、認定の申請をケアマネジャーに代理してもらえることも知らず、サービスをうける術をしらない場合が多いので、まずは地域にある包括支援センターのケアマネジャーに相談して申請代行してもらうほうがいいです。
初期の相談さえうまくいけば後の申請代行をスムーズに行ってくれますので、ぜひ相談したほうがいいと思われます。