介護における男女間格差

介護における男女間格差

介護における男女間格差

介護の世界には、介護福祉士や介護支援専門員など、男女に関係なく経験を経て試験に臨み、合格すれば与えられる資格があります。
しかし、男女で賃金や昇格の差が見られるのも現状としてあり、問題視されてます。
今でこそ、男性の育休という子育てに関する休暇が一般的になってきましたが、まだ、女性が結婚後に出産や子育てを優先的に行わなければならないという風潮があります。
そのため、仕事から長期離脱する女性の方が、男性に比べ賃金の昇給や昇格が遅れることがあります。
それを明確に表すのが、女性管理者の経歴と言えます。
女性管理者として働いている方の経歴を見てみると、結婚歴が無かったり、子供を儲けていなかったり、早くに出産して現在は仕事に没頭している人などが多く存在しています。
これは、統計的に多い傾向ということであり、すべての方に当てはまる訳ではありません。
事業所のトップの判断により、分け隔てなく評価してくれるところもあります。

介護の仕事で働くということ

高齢化が進む現代、介護の仕事はとても重要なものになってきています。
しかしながら、離職率が高いのも介護職の特徴です。
なぜ離職が多いかというと、想像以上に心身共に大きな負担がかかる為です。
身体的な負担としては、足腰を中心に身体全体の筋肉を使うので、慢性的な痛みに悩まされるなどが挙げられます。
精神的な負担としては、利用者やその家族とのコミュニケーションを上手く取れないなどが挙げられます。
いずれにせよ、介護の仕事で働くということは、それなりの覚悟と体力が必要不可欠なのです。
もちろん、ただ辛いことだけではありません。
利用者の感謝の気持ちを肌で感じることができたりなど、生きがいや充実感を感じながら働くことができるのも特徴です。
悩みや困ったことがあれば、職場の上司や同僚、友人などに相談をしたり、自分なりの気晴らしを図ったりなど、できるだけストレスを溜め込まないことが大切です。
職場自体も、積極的に従業員に働きかけ、安心して働くことができる場を設けることが必要であると言えます。