老人ホームでの介護の仕事内容

介護ヘルパーさんは同性と異性どっちが良い?

介護ヘルパーさんは同性と異性どっちが良い?

介護ヘルパーには男性も女性もおり、それぞれに優れたスキルを持っています。
入浴介助や排せつ介助は男性のほうが力強くスムーズにできますし、食事介助では女性の細やかな対応も期待できます。
性別にかかわらずスキルのあるヘルパーがいるものの、どちらが良いのか迷ったときは次の基準でも考えてみましょう。
高齢の方は入浴や排せつの解除を受ける時、異性のヘルパーでは恥ずかしいと感じるところがあります。
そのため、男女ともに同性のヘルパーに介護をしてほしいという考えを持つ傾向が見られます。
意思の疎通が難しい状態でも、自分の考えや感情があるので嫌がらない介護が必要になるでしょう。
元々、抵抗感を持たないオープンな性格の場合は特に問題ありませんが、それ以外の場合は同性のヘルパーにサポートしてもらったほうがケアをしやすくなると言われています。
現場で働く人とも相談しながら、異性のヘルパーと同性のヘルパーのメリット・デメリットを比較してから決めると安心です。

介護ヘルパーさんは住み込みで雇うことはできる?

家族の介護が必要になった状況は、介護を行う家族にとって非常に大きな負担がかかります。
自身の両親が対象となる場合ですら大変な状況になってしまいやすいわけですから、「老々介護」ともなればその負担は想像を絶するほどです。
そして、その負担を少しでも軽減することを目的として「ヘルパー」を利用する方法が効果的です。
通常、ヘルパーは決まった時間にのみ依頼した作業を行ってくれます。
たとえば、毎週火、木、土曜日の午前10時~午後5時までといった具合です。
それ以外の日は独自に生活を送らざるを得なくなります。
そのため、「住み込み」で依頼できないかどうかと検討したくなることも珍しくはありません。
実際に住み込みで依頼できるかどうかは「業者次第」です。
通常のプランとして設定されている場合もあれば、追加料金を支払う形で依頼可能な場合もあります。
ただ、業者によっては住み込み依頼はすべて拒否している場合もあるので、事前に調べてからの方が安心できます。