介護リフォームについて

介護リフォームについて

介護リフォームについて

介護保険制度では、リフォーム箇所によって、20万円を上限に工事費の9割(一定所得以上ある方は8割、保険料滞納者は7割)が補助されるようになりますので、利用者の負担が軽減されます。
住宅改修と言う項目で、基本的にはドアの交換、段差解消、滑りやすい床材の交換、手すり設置、洋便器への交換などがあります。
工事に付帯する工事(給排水工事、補強工事など)も住宅改修に含まれます。
工事を依頼したい方は、ケアマネージャーなどに相談し、専門業者と現場確認後、見積書や設計図、施工前工事写真、介護保険を使用しての住宅改修理由書などの必要な書類を、保険者に提出します。
許可が下りれば工事着工となります。
完成後は施工後の工事写真を撮影し、保険者に提出することになります。
工事費の支払い方法としては、一度全額支払った後、必要な申請を行うことで、補助分の金額が戻ってくる償還払いと、始めから自己負担分だけを支払う受領委任払いがあります。

介護リフォームにかかる費用

急に介護が必要になるような病気にかかったり、脳の血管が切れるなどで障害が残り介護が必要になることがあります。
入院している場合看護師さんなどがいる為、必要性をあまり感じませんが、退院すると大事さを痛感するだけでなく、家のリフォームもしなければ生活が難しくなったことにも気づきます。
介護リフォーム工事をする場合に注意する点としては自分で勝手にしない事で、介護が必要な場合ケアマネージャーを紹介してもらえます。
紹介してもらったケアマネージャーにリフォーム工事の相談をすることで工事してもらえる業者や補助金など、負担してもらえる費用など教えてもらう事が出来ます。
住宅改修が必要な人で、一生涯に20万までという条件などいろいろな事柄があるのでケアマネージャーにしっかり相談し最善のリフォームをすることが一番です。
補助金は一度で使い切らなくても良いので必要と感じた際に相談しリフォームしてもらうという事も出来ます。