操作画面が簡単な介護ソフト

操作画面が簡単な介護ソフト

操作画面が簡単な介護ソフト

介護事務作業で欠かせない介護ソフトですが、選ぶポイントはどこにあるでしょうか。
最も大切な事は、操作性と言えます。
介護保険請求業務は、介護医療問わず毎月10日までに行わなければなりません。データを国保連合会などに提出し、精査を行う必要があるからです。
限られた時間の中で介護保険業務と合わせて、自己負担分の室料や食事代などの生産を行う必要もあります。
場合によっては、複数施設を運営している法人の場合は合わせて多くの介護保険請求業務をこなさなければなりません。
介護保険制度は複雑で、利用する施設の種類、利用時間、選択する加算サービスの内容によって計算の仕方が複雑に違っており請求業務事態が大変に煩雑な物になりがちです。ですので、介護ソフトを選ぶ際には操作性が良く使い勝手の良いソフトを選ぶ事が大切です。
また、介護ソフトには請求業務だけでなく利用者様の様々なデータを管理する事が出来るものもあるため事務員だけでなく介護スタッフにとっても操作しやすい物を選ぶ事も大切です。

二度手間が少ない介護ソフト

介護施設を運営している場合の多くで、介護ソフトを利用している施設が殆どではないでしょうか。
介護保険請求業務は、請求月の翌月10日までに国保連合会へ請求をしなければなりませんので、限られた期限の中で業務を行う必要があります。
業務の効率化は円滑な施設運営にとっても欠かせません。介護請求業務の煩雑かを緩和する為に介護ソフトがありますが、選び方で最も大切なのは二度手間が防げるという事です。
介護ソフトによっては、日々の利用者様の記録をそのままレセプトに反映出来るものもあり、利用日数か利用時間、宿泊日数などを自動的に計算してくれるため、介護保険請求の際に改めて打ち込みをし直す必要がなく二度手間を防ぐ事が出来るのです。
また、領収書や請求書を合わせて発行出来る介護ソフトもありますので、様々なデータを一元管理出来るソフトを選ぶ事で介護スタッフも事務スタッフも日々の業務の負担を緩和する事ができ、連携のとれた施設運営が出来るのではないでしょうか。